(moved to http://tmasada.cocolog-nifty.com/blog/)
夜光航線 / ペース・ウー ・・・ どんな中身かとぃぅ
http://www.yesasia.com/global/%E5%A4%9C%E5%85%89%E8%88%AA%E7%B7%9A/1012499767-0-0-0-ja/info.html
b0037434_1411730.jpg台北滞在中に見たテレビ番組に、ペース・ウー。一緒に出てたのが、MAKIYOとファン・ウェイチー。この番組でファン・ウェイチーの歌を聴いてコンサート行きを決めたのですが、この3人だと、歌ではファン・ウェイチーに負けてる。でもMAKIYOほど3枚目でもない。要は立ち位置が微妙。(司会者にファースト・アルバムの「Candy man」の件をつっこまれ、「いや、あの時は渋谷系というのがはやってて、あんな感じの歌い方になってしまって・・・」と、言い訳ぎみの返答。本人的にも若気の至りだった的な意識なのかな?)

『夜光航線』はそんな感じのミニアルバム。4曲入ってます。ペース・ウー本人のブログを通して3曲目の「天空藍」を試聴したとき、「しっとりと大人な感じのアルバムかな」と思って、買って聴いてみたら・・・2曲目の「夜光航線」は、とてもいい曲。途中、ちょっとテンポが速くなって盛り上がる個所があったりする、また、サビに入るとマイナー調に変わる、とても美しいバラード。また、すでに試聴していた3曲目の「天空藍」も、メジャー調のメロディーにせつない歌声が合った美しいバラード。どちらもいい曲。

でも、最初、CDプレーヤのPLAYボタンを押して驚いたのが、1曲目。前のアルバム『Look at Me』の1曲目と同じ系列のアップテンポな曲。つまり、微妙にはずしてる。サビが「ア、ア、アアア」です。さらに4曲目が、かなりファニーな曲。このサビは、マラカス振りながらでないと歌えないかも。

でも、ペース・ウーはこうじゃなきゃ、とも思いました。2枚目になりきるのじゃなく、30代になっても2.5枚目な永遠の不思議少女でいて欲しいかも、とぃぅ。
[PR]
by tmasada2 | 2008-11-23 01:08 | 中華圏いろいろ新聞
<< 屬於 / 梁靜茹 ・・・ フィ... シアくん、カンヌン少女と幻想の... >>