(moved to http://tmasada.cocolog-nifty.com/blog/)
<   2005年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
se7enさんの歌を聴いてきました
ますます確信しましたが、やはりK-POPのトップクラスの歌手は、基本がちゃんとしてます。
今日、ミニ・コンサートを見に行った、セブン세븐という人は、ダンスもすごいのですが、
あれだけ踊って、歌っている途中で息があがらないし、それどころか、
音を一つも外さない(最近の日本の若い歌手では、まずありえないこと・・・)のは、
すばらしいと思いました。

日本の歌手って、(演歌系の人たちを除いて)基礎がちゃんとしていないように思います。
歌手としての個性なんていうものは、歌をちゃんと歌えてはじめて現れ出てくるものです。
ところが、目をひく個性があれば、売り方さえうまくやれば、即席でお金儲けができるからなのか、
日本では、歌手を育てるという意識がなく、育てる前に目立たせることを考えているかのようです。

結果的に、我々からすれば、いい歌を聴く機会がますます減っています。
人間を育てることをせず、目立たせることばかり考えている・・・これは、
歌の世界に限らず、日本の中で、いろいろな分野の世界で活力が失われていることの、
本質的な理由のひとつのように思います。

ただ、韓国でも、映画やドラマの世界では、
即効性を追求する傾向が強まっているように思いますが・・・いかがでしょうか。
特に、韓国の映画は、物語の設定の非日常性や異常さを追求しすぎる傾向が
強まっているように思いますが・・・いかがでしょうか。
[PR]
by tmasada2 | 2005-02-27 23:25 | 韓国いろいろ消息