(moved to http://tmasada.cocolog-nifty.com/blog/)
<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2005/6/10(金)、リナ・パーク(パク・チョンヒョン)さんのコンサートに行ってきました
2005年6月10日(金)、渋谷O-Eastで開かれた、
リナ・パークさんのコンサートに行って来ました。

とにかく歌はうまいです。
日本のニュースでは、「韓国の○○○(日本の歌手名が入る)」と報じられていますが、彼女に失礼です。
日本で言えば、少なくともMisiaさんのレベルには達している歌です。

正直に言えば、楽曲が彼女の歌に合っていないと思います。
今回のライブでよかった曲は、「Don't Let The Sun Go Down On Me」(エルトン・ジョンの曲)と、
アンコール前の最後の曲である「夢の中で 꿈에」です。
前者は、シンプルな楽曲です。また、後者も、若干構成が凝った曲ではあるものの、メロディーがシンプルです。
楽曲がシンプルだと、リナ・パークさんが自由に歌えます。
自由に歌えると、彼女の歌の限界を聴くことができます。
限界といっても、それを超えると歌が崩れるという意味での限界ではありません。
それを超えると、日々の鍛錬に支えられた職人的な歌から、芸術的な歌へと変化する、そういう限界です。

歌でも、楽器でも、また、音楽以外の芸事はみなそうだと思いますが、
基本は、反復練習による技術の習得です。
これによって初めて、表現の自由を得ることができます。
芸術性や個性の発揮は、十分な技術が身についたその後です。

リナ・パークさんは、若くして、歌手として身に付けるべき多様な技術を身に付けているように思います。
だからこそ、ある限界を超えたときに、誰にもまねができないような、
本当の意味での個性的な歌が、聴こえてくるのです。

しかし、曲が凝りすぎていると、その枠の中に歌が囲い込まれてしまって、
「ひとりでやっているミュージカル」のように、こぎれいにまとまってしまうのです。
ですから、むしろ、シンプルな楽曲の中で、彼女が自由に声を出して自由に歌えるような場面で、
彼女の今の歌唱の絶頂点を聴き取ることができるのです。

ただし、シンプルな楽曲を作ることは、凝った楽曲を作ることよりも、難しいのだと思います。
リナ・パークさんとしては、「Beyond the Line」というアルバムのタイトルが示すとおり、
ジャンルを超えて、音楽的に多様な面を見せたいと考えておられるかもしれませんが、
それは、生まれながらの癖というニセの個性にしか頼ることが出来ず、
周囲にちやほやされるがままになって、歌の練習もろくにやらない、
イメージ先行の"実力派"歌手に任せておけばいいのではないでしょうか。

とにかく歌唱の安定感は抜群です。また、アンコールはキーボードの弾き語りだったのですが、
あれだけ歌を歌えて、しかも、鍵盤もきちんと弾ける人は、
同じ年代の日本人歌手の中に何人いるでしょうか。
確かに、歌が芸術のひとつの分野であるかぎり、個性は重要かもしれません。
実際、韓国のポップスを聴いていて一番物足りなく思うのは、
あまりにもみな同じような曲をやりすぎていることです。
ですが、韓国のポップスの世界で第一線で活躍するために要求される歌の技術レベルは、
日本とは比較になりません。
(日本でも、昔は、アイドル歌手でも歌はかなり上手かったと思いますが。)

日本の歌手で言えば、岩崎宏美ぐらい歌える歌手が、韓国では、現在でも歌謡界に普通に存在します。
それぐらいのレベルであってはじめて、歌手の個性について議論する意味もあると思います。
ビジネスとしての効率を考えれば、歌手が自分の歌の実力について勘違いしているとしても、
勘違いさせておいたまま歌手活動させるほうがいいのは分かります。
しかし、そのたびに、人間の人生がひとつずつ消費されていくのかもしれないでしょう?

歌を歌いたくて歌っている人には、ちゃんと歌の技術を教えてあげるべきではないでしょうか。
そのための投資を惜しんでも、日本のリスナーの耳ならば、ごまかすことはできます。
良い歌と悪い歌とを区別できる耳がないところでは、
十分に歌手として育てることが、むしろ、経済的には非効率になるのでしょう。
しかし、そういう耳があるところでは、ある程度きちんと歌手として育てないと、
ビジネスとして音楽をやっていても、投資した分のお金を回収できないのでしょう。
[PR]
by tmasada2 | 2005-06-12 15:01 | 韓国いろいろ消息
イ・サンウンさん第12集発売
最近、公私共に充実しておられる韓国のシンガー・ソングライターである
イ・サンウン이상은さんが、第12集『ロマントピア』を発売されたそうです。
題目は、「ロマン」と「ユートピア」の合成語だとか。

聯合ニュースの記事は、こちら
[PR]
by tmasada2 | 2005-06-08 21:41 | 韓国いろいろ消息
東京MXTVで今日放送の韓国MBC『演芸通信』にカン・ソンヨンさん
百想芸術大賞の取材映像の中で、
レッドカーペットが敷かれた階段を上がる、カン・ソンヨンさんの姿を見ることができました。
写真はこちらで、ご確認ください。

また、こちらのブログの記事によれば、
カン・ソンヨンさんは、神話のキム・ドンワンさんと一緒に、プレゼンターとして舞台に上がってもおられたようです。
[PR]
by tmasada2 | 2005-06-06 23:58 | 韓国いろいろ消息
聯合ニュースに天上智喜のインタビュー
最近日本語版の開設が始まった聯合ニュースに、
天上智喜の動映像インタビューがありました。
最近は韓国の音楽番組に出ずっぱりのようです。
今日の晩は、確かMBC音楽キャンプの録画です。
[PR]
by tmasada2 | 2005-06-04 11:06 | 天上智喜