(moved to http://tmasada.cocolog-nifty.com/blog/)
<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
[韓国 YTN STAR] この冬、女性グループの活動は?
この冬、女性グループの活動は?

入力時間 : [2006-10-31 13:58]

冬を迎えて、歌謡界は大型歌手のカムバックと男性歌手たちのバラードが注目されています。相対的に女性歌手たちの活動が後れをとったように感じられていますが、特に、女性グループグループたちの姿は、一部を除外しては、めったに舞台で見られなくなっています。今日、スターニュースのブリーフィング時間には、マネートゥデイ・スターニュース、キム・ウォンギョム記者と一緒に、この冬の女性グループの活動状況を、整理してみようと思います。

[質問]

昨日、四人組女性グループ天上智喜が、名前を変えるという情報が入り、注目を集めています。後ろの部分に、Graceという名前を付け足した形式でした。どのように変わるのでしょうか?

[答え]

女性四人組天上智喜が、グループ名を「天上智喜 The Grace」に変えてカムバックします。天上智喜は、堅実な歌唱力と、美しいハーモニに重点を置くグループ・イメージを強調しようと、「優雅で気品のある」という意味の英単語「Grace」を活用し、新たな名前を決めたのです。メンバーの名前も、やはり、天舞Stephanie The Grace、上美Lina The Grace、智声Sunday The Grace、喜悦Dana The Graceと、それぞれ新たに装いました。

[質問]

このように名前を変えると、生硬な感じを与えますが、このように名前を変えることになったきっかけは・・・?

[答え]

天上智喜は、歌唱力とハーモニを重視するアカペラ・グループだというイメージを強調するために、果敢に名前を変えました。人は名前についていくということで、「Grace」という名前を通じて、優雅で気品あるグループとしての様相を見せてさしあげようという覚悟です。

[質問]

天上智喜は、女性東方神起だと言われるほど、爆発的な話題をよんで、歌謡界にデビューしました。しかし、歌唱力とパフォーマンスの実力を認定されたにもかかわらず、予想したほど爆発的な反応は受けられなかったようです。今までの活動についての評価は・・・?

[答え]

天上智喜が、思ったほど国内で大きな反応を受けられなかった理由は、デビューと同時に日本進出をしたためです。韓国で、ある程度認知度を高めた後、日本へ渡っていったのではなく、デビューと同時にすぐに日本活動を並行したことで、別の歌手たちに比べ、多少、活躍が小さかったのです。しかし、女性グループが少ない国内歌謡市場で、注目を浴びているグループだという事実には、皆が同意しています。

[質問]

いま天上智喜 The Graceと名前を変えたことからしても、彼女たちの覚悟は相当なようです。今後の活動は・・・?

[答え]

来る11月3日、ニュー・シングルを発表します。ここにはメンバーたちの歌唱力が際立っているタイトル曲、「情熱」をはじめとして、人気作曲家ユンサンの作品である「The Final Sentence」、ジョージ・マイケルのヒット曲をアカペラ・バージョンにリメイクした「Faith」などが収められています。彼女たちは、来る11月5日のSBS「人気歌謡」を通じて、カムバック舞台を行います。天上智喜は、音楽とかけ離れない範囲内で、個人活動も考えているとのことです。

[訳注:この部分から先は、天上智喜に関係ない部分ですので、割愛します。]
[PR]
by tmasada2 | 2006-10-31 23:53 | 韓国いろいろ消息
[韓国 OSEN] 天上智喜、「天上智喜 The Grace」にグループ名変更
天上智喜、「天上智喜 The Grace」にグループ名変更

[OSEN=キム・ジヨン記者] 女性四人組グループ天上智喜が、「天上智喜 The Grace」に名前を変えて、新しいCDを発表する。

11月3日に発売される「熱情(My Everything)」は、シングル2集「The Club」以後、約9ヶ月ぶりに新たにお披露目されるCDで、冬にふさわしい美しいハーモニーが際立つ同名のバラード曲「熱情」をタイトル曲として発表される。

特に、今回のCDから、天上智喜は、しっかりした歌唱力とハーモニーを中心とするアカペラ・ポップ・グループのイメージをさらに一層強調するために、新しい名前、天上智喜The Graceで、ファンたちの前に現れる。メンバーの名前は、やはり、Stephanie The Grace、Lina The Grace、Sunday The Grace、Dana The Graceと、新たに決められた。

これにより、今後、天上智喜The Graceは、これまでお披露目していたパワフルなパフォーマンスが際立つダンス曲だけでなく、それぞれのメンバーが持っている歌唱力とボーカルの魅力を最大限に浮き彫りにすることのできるアカペラ、R&Bバラードなどを中心に、活動する予定である。

CD「熱情(My Everything)」には、モダンR&Bのドラム・パターンの中で繰り広げられるアコースティック・ギターと、オーケストラの豊かな旋律が際立つタイトル曲「熱情(My Everything)」をはじめとし、人気作曲家ユンサンの作品である、ファンク曲「The Final Sentence」、高級なR&B曲「IRIS(言いたいことがあります)」、ジョージ・マイケルのヒット曲をアカペラ・バージョンに再解釈した「Faith」、「熱情(My Everything)-Radio Edit Version」など、全部で五曲が収録されている。

天上智喜The Graceは、11月5日SBS「人気歌謡」を通して、カムバック・ステージを行い、本格的な国内活動に乗り出す。

----
ここからは訳者のひとりごと・・・
日本語訳は、意訳も少し混ぜてありますので、リンク先の韓国語の原文を参照ください。また、写真はここには転載していませんので、やはりリンク先の原文のほうをご覧ください。

たぶん、日本では「天上智喜(てんじょうちき)」のまま、ということなのではないでしょうか。それで、韓国では、「天上智喜The Grace(チョンサンジヒ・ド[韓国語の発音だと、"The"は日本語の「ド」に近い発音になります。]・グレイス)」に変わる、ということなのだと思います。日本の公式サイトは「天上智喜」のままですので・・・。いや、韓国の公式サイトのほうも、まだ「天上智喜」のままなのですが・・・。
[PR]
by tmasada2 | 2006-10-31 02:30 | 天上智喜
[韓国 韓国オンライン新聞協会(KONA)] デジタルニュース利用規則
「펌글」の文化を「リンク」の文化へ・・・

韓国オンライン新聞協会 デジタルニュース利用規則

2005. 3. 2. [Ver. 1.0]

デジタルニュース利用規則制定趣旨

言論社が生産したニュースは、我々の社会の情報流通を促進し、社会的論議をよぶ問題について、討論を触発する重要な機能をしてきました。しかし、デジタル形態のニュースは、複製と転送などを通じて、用意に無断で転載されているのが実情であり、出処表示もなく、原文が変型され転載される場合も、多数発生しています。甚だしきに至っては、ニュース著作物を、公共の資産だと誤って考えている場合すらあるのが現実です。

特に、デジタルニュースが法律によって保護される著作物であることを知っている場合でも、利用しようとするニュース著作物を、どのようにして利用しなければならないのか、どの範囲のニュース著作物について、使用許可を受けなければならないのか等に関する具体的な基準がなく、正当に利用できない場合も発生しています。このような現実を、そのまま放置する場合、デジタルニュース供給者の立場からは、良質のデジタルニュースを提供する動機がなくなり、情報流通と公的討論に、大きな役割を果たしているデジタルニュースの供給が、質的・量的に減少する可能性があります。

「デジタルニュース利用規則」(以下「利用規則」)は、デジタルニュース著作物についての利用者たちの認識を引き上げ、利用者たちが合理的で便利に、ニュース著作物を利用できるよう、必要な基準を提示するために、韓国オンライン新聞協会(以下「協会」)次元で制定されました。

一般原則

1.デジタルニュース著作物利用者は、デジタルニュース著作物が、著作権法の保護を受ける著作物であることを認識し、「協会」が定める基準と方法にしたがって、デジタルニュース著作物を利用しなければなりません。

2.デジタルニュース著作物の承認のない複製は、著作権法が定めている例外の場合を除外し、厳格に禁止されます。現在、蔓延している、いわゆる「펌글[訳注:日本語で言う「コピペ」か?]」は、最も代表的な「承認なしの複製」の例です。デジタルニュース著作物の利用は、「펌글」の方式ではなく、最も基本的なインターネット技術である「リンク」(単純リンクおよび直接リンク)を利用する方法によらなければなりません。

3.デジタルニュースの大量利用を望む利用者は、デジタルニュース著作権者と契約を締結してはじめて、デジタルニュースを利用することができます。

複製

1.デジタルニュース利用者は、「協会」に所属する会員社が自社のウェブサイトやインターネット・ポータルサイトなどを通じて提供するデジタルニュースを、別のウェブサイトに複製しておいたり、転送することはできません。
ただし、著作権法第6節(著作財産権の制限)が定めている次のような場合には、例外とします。
①裁判手続きによって必要な場合や、立法、行政の目的のための内部資料として必要な場合
②学校など教育機関で、その教育目的上必要であると認定される場合
③放送、新聞、その他の方法により、時事報道をする場合
④報道、批評、教育、研究などのために、正当な範囲内で公正な慣行に合致させて引用する場合
⑤営利を目的とするのではなく、個人的に利用する場合
⑥営利を目的とするのではなく、家庭およびこれに準ずる限定された範囲内で利用する場合
⑦学校の入学試験などで試験問題として利用する場合

2.デジタルニュースを複製しておくことができないウェブサイトは、ブログやミニホムピなど、個人用、非商業用、コミュニティ型ウェブサイトを含みます。これは、インターネット・ウェブサイトの場合、著作権法第27条(上5項と6項)の「個人的利用」の対象ではないためです。

3.ブログやミニホムピなどを提供するインターネット・サービス提供者は、ブログやホームページ運営者が、デジタルニュースを無断で転載しないよう教育し、広報しなければいけません。

4.特に、商業的目的のウェブサイトで、「協会」会員社が提供するデジタルニュースを複製し、掲示したり、転送する行為は、厳格に禁止されます。

5.他人が無断で転載したデジタルニュースを、再度複写、転載する場合も、著作権法に違反する行為です。

単純リンク

1.単純リンクとは、リンクを望むウェブサイトのメインページ(ホームページ、または、初期画面)をリンクすることを言い、利用者は、デジタルニュースを提供するウェブサイトを単純リンクする方法で、自由に利用できます。

2.ひとつの「協会」会員社のウェブサイト・ホームページ、または、初期画面をリンクの方法で連結する場合はもちろん、数社の会員社ホームページをひとつのウェブサイトに羅列する方法も、自由にしようできます。

直接リンク (Deep Link)

1.直接リンクとは、英語の'Deep Link'を簡単に表現したもので、特定のウェブサイトのメイン・ページ(ホームページ、または、初期画面)をリンクしたのではなく、その下位ページや、特定ウェブページ、特に、個別ニュースや写真を直接リンクした場合を言います。このように、特定ウェブページを「直接」リンクする方式として、本「利用規則」は、「直接リンク」という用語を使用します。

2.利用者は、ひとつ、または、数個の記事を、そのURLやその記事の題目をリンク手段として、直接リンク方式で利用できます。

3.利用者は、ひとつの記事を、そのURL、または、記事の題目と該当記事本文の一部を、一緒に表示する方法(題目とともに、記事の全部を表示することは、「複製」として禁止されます)で、直接リンクすることができます。

4.しかし、利用者は、数個の記事をそのURL、または、その記事の題目と該当記事本文の一部を一緒に表示する方法で、直接リンクできません。該当記事の内容は、たとえ一部であっても、著作権により保護されており、該当記事をリンクすると同時に、その題目と一部内容を一緒に表示する場合、デジタルニュース著作物の原型を既存する利用であるためです。

5.記事の題目と本文の一部を一緒に表示する方法の直接リンクを禁止する原則には、デジタルニュースの社会的必要性とインターネット利用活性化という側面から、二種類の例外が許容されます。
①ひとつの記事を、上のような方法で直接リンクする場合は、許容されます。
②インターネット検索エンジンが利用者の検索要請に対して記事本文の一部内容と一緒に記事の題目を検索結果として羅列し、提示することは、許容されます。

6.ただし、インターネット検索エンジンが利用者の質疑を受け、その検索結果を出力してくれる方式ではなく、利用者の質疑に関係なく、すでに定められたアップデート周期と、検索方法によって自動化された方式で、多数のデジタルニュースを検索し、本文の一部内容を含む記事の題目を羅列してやる方式は、許容されません。

フレーム・リンク (Frame Link)

フレームリンク、または、フレーミング(Framing)は、自分のウェブサイトの輪郭や広告の中で、他人のウェブサイトの情報が現れるように、他人のウェブサイトやウェブページをリンクすることを言い、「協会」会員社が提供するウェブサイトの特定デジタルニュースや映像についてのフレーミングはもちろん、そのメインページ(ホームページ、または、初期画面)に対するフレーミングも、禁止されています。

オンライン・ニュースレター / イントラネット

1.多数の利用者に電子メールを通じて配布されているオンライン・ニュースレター、閉鎖された利用者たちの内部網であるイントラネットにも、本「利用規則」が提示した原則は、そのまま適用されます。著作権法は、非営利目的の個人的利用や、家庭のような限定された範囲内で著作物を自由利用できるよう、許容していますが、オンライン・ニュースレターや、イントラネットは、個人的利用や家庭のような限定された範囲で利用することではないためです。

2.したがって、オンライン・ニュースレターや、イントラネット運営者も、デジタルニュースに対する無断転載をしてはならず、必要な場合は、デジタルニュース著作権者が運営するウェブサイトを単純リンクしたり、特定記事を直接リンクする方法で、デジタルニュースを利用しなければいけません。

3.オンライン・ニュースレターや、イントラネット運営者も、多数のデジタルニュースをその本文の一部内容を含む記事題目を羅列する方法で、直接リンクすることはできません。

事実の伝達に過ぎない時事報道

1.著作権法第7条第5号により保護されえない著作物である「事実の伝達に過ぎない時事報道」の範囲は、原則的に、人事発令、訃報記事、株式市況など、ただ「事実」だけによって構成された記事に限定されなければなりません。
2.事件事故記事(いわゆる「ストレート記事」)の場合、いつ、誰が、何を、どのように等、5W1Hに該当する基本的な「事実」によってのみ構成された記事に限って、「事実の伝達に過ぎない時事報道」として見なければなりません。
3.したがって、利用者は、上の1項と2項を除外した残りのデジタルニュースは、本「利用規則」が定めた原則にしたがって、利用しなければなりません。


韓国オンライン新聞協会 (KONA)
国民日報、東亜ドットコム、デジタル朝鮮日報、メギョン・インターネット、メディア・カーン、世界ドットコム、電子新聞インターネット、ジョインス・ドットコム、ハンギョレ・プラス、ハンギョン・ドットコム、韓国アイ・ドットコム
[PR]
by tmasada2 | 2006-10-28 18:43 | 韓国いろいろ消息
恐るべし韓国音楽著作権協会・・・
天上智喜の韓国でのファン・コミュニティである"HEAVEN"に掲載されていた情報なのですが、天上智喜の韓国での新しいシングルのタイトルは、"The Final Sentence"だそうです。

で、この情報、出処が「韓国音楽著作権協会」と書かれてあったので、実際に韓国音楽著作権協会のHPに行って、「作品検索 작품검색」をクリックして、「歌手名 가수명」のところに「天上智喜 천상지희」と入れて検索してみると、実際にちゃんとデータが出てくるんですね。
b0037434_10485836.jpg
知りませんでした。皆さんも、ちょっとだけ韓国語を勉強すれば、今後は、発売前のシングルやアルバムに入っている曲の情報を、いち早く仕入れることができますよ~!
[PR]
by tmasada2 | 2006-10-28 10:50 | 天上智喜
[韓国 ハイティーン1987年9月号] 歌手キム・ワンソンの人気がますます上昇している
[韓国 ハイティーン1987年9月号] 歌手キム・ワンソンの人気がますます上昇している。

b0037434_0495830.jpg昨年、「Tonight」をタイトル曲とした最初のソロアルバムを発表すると同時に、歌謡界に彗星のように現れたキム・ワンソンは、現在まで、その新鮮さを忘れさせないどころか、日が経つにつれ洗練されていく舞台マナーと歌唱法で、今や韓国を代表するに値する大型歌手として成長してきている。

実際、彼女のデビュー期間が、たかだか二年に過ぎないことを勘案すると、キム・ワンソンのこのような成長は、韓国歌謡史でその類例を見つけることができない急成長であり、そこに80年代以後の文化を最も良く代弁する、様々な特徴的な姿と記録を見せてくれるキム・ワンソンは、現在、ファンたちの喝采を最も熱狂的に浴びていると言える。

実際、歌謡界の専門家たちは、キム・ワンソンの登場と現在の活動を見て、異論の余地なく、彼女が今後韓国歌謡を世界市場に進出させる尖兵役をするのに、最も適した人物に選んでいる。

今まで、彼女の活動像と、海外から押し寄せてくる彼女に対する各種提案を勘案すると、キム・ワンソンは、昨年の慎重な出帆から、今や確固たる基盤を固めた段階に来ていると見ることができる。

韓国歌謡界が突然国際化、大型化されるとともに、外国のアーティストたちとジョイント公演をする場合、最もふさわしいレベルの公演ができる歌手を挙げろと言われれば、現在の歌謡界の企画会社は、すべて、最高順位にキム・ワンソンを選ぶ。

まさにこのような選好度からも分かるように、キム・ワンソンは、韓国歌謡界が80年代後半を迎え、必然的に経験しなければならない国際化の余波に、わが国を代表して外国にわが国の歌手たちの魅力と才能を誇示しうる、代表選手だと言える。

実際に今まで기껏해야デビュー2周年を迎えるキム・ワンソンが、ジョイ、ステイシーQの来韓公演を始めとする各種外国アーティストたちの来韓公演の常連のスペシャル・ゲストとして招請され、26日、チャムシルのオリンピック・スタジアムで開かれた、オリンピック祝賀ショーに、外国の有名歌手たちとともに舞台に立つ歌手として、真っ先にオファーが来たことを見れば、さらに彼女の真価を知ることが出来ると言える。

歌謡界デビュー2年を迎え、今国内の舞台だけでなく、世界市場からも注目を集める能力がある歌手として成長したキム・ワンソンの近況と、歌謡界デビュー2年とを、総決算してみる。

キム・ワンソンは、9月2日、ソウルを離れ、18日まで日本を訪問してきた。国内のテレビにも中継がされたが、大阪で開かれた民族シルム大会に、チョ・ヨンピル、ミン・ヘギョンとともに祝賀ショーをするため、ニュー・オータニ・ホテルを宿泊先とし、日本に渡ったとのこと。

これまで、在米韓国人慰問のためにアメリカを訪問した経験のあるキム・ワンソンとしては、二番目の海外公演である今度の日本公演には、しかし、また別の目的があった。

これまで、『ハイティーン』のニュースカフェ欄を通じて短信として伝えられてきたことではあるが、昨年末以後、日本の世界的なレコード会社であるビクター・レコードでは、キム・ワンソンの「Tonight」「終わった話」などを、日本で発売しようというオファーを粘り強く進めてきた。

そして、玄界灘を間に挟んで、レコード吹き込みの条件をめぐって、舞台裏で話し合いが継続的に進行されると同時に、キム・ワンソンを高く評価したビクター・レコード社側では、第3部長である飯田氏を韓国に直接派遣、粘り強く勧誘したと伝えられている。

ビクター・レコード社の飯田氏は、日本出身の世界的な歌手、森進一、ピンクレディー、そして、以前にpax musicaで国内のファンたちにも初めて出会った谷村新司などを、直接管掌し、レコード・ディレクティングを引き受けているビクターの実力者。

このように新人歌手としての一歩を踏み出したばかりのキム・ワンソンをスカウトするために、日本の大物級の人物が直接来韓したことは、国内最初、前例がなかったことで、当時、このような事実ひとつだけでも歌謡界関係者たちの関心を引いた。

いずれにしても、このような仕方で日本側から大きな関心を表明していたキム・ワンソンの渡日祝賀公演は、ビクター・レコード社側にとっては逃すことのできない機会であり、この機会に本格的に契約の締結と録音吹き込みをしようという提議をし、キム・ワンソンは、大阪での祝賀公演を終えて、9月5日からは、東京の全日空ホテルに宿泊しつつ、録音をしたと言う。

レコード吹き込みをする場合、外国の場合は普通、初めてお目見えする歌手の場合は、シングル・アルバムを通じた雰囲気の打診を終えてから、CDやLPを追加で採るのだが、今回のキム・ワンソンの場合は、当初はシングルだけを出すことにしていたところを、彼女の可能性に確信を抱いたビクター・レコード社の副社長の直接の指示により、LPとCDを同時に発売する方へと方向転換したと言う。

東京から帰国した直後、ハイティーンでは、読者たちの関心症を解消するため、彼女と彼女のマネージャ、ハン・ベキ氏に会った。

-今回、日本に相当長い間行って来られましたが、ことはすべてうまく運びましたか?
*ソウルでテレックスだけ持って交渉が来て行っていたのに比べれば、ずっと良い条件で進行しました。

-しばらく前に、日本側から入ってきた知らせによれば、ビクターは山口百恵以後、日本10代ファンだけでなく、世界市場でも大きく成功できる歌手として、キム・ワンソンにめぼしをつけているということですが、そのような話もありましたか?
*日本側が、キム・ワンソンをとても必要としているのは、事実です。日本では、実際、世界的に大きなレコード会社が多くあり、世界市場に進出するためには、これらのネットワークを利用してこそ可能です。われわれとしては気に障ることではありますが、現在にあっては、わが国で世界市場に歌手たちを送り出し、スケジュールとプロモーション・ツアーおよび広報活動を担当できる組織と能力を備えた会社はないためです。

だから、われわれも、どうしようもなくて日本の組織を利用するのです。実際、日本が東南アジアの版権までもすべて持っている場合が多いです。キム・ワンソンについて、ビクターでは、アジア界の歌手として世界市場に送り出す基本条件をすべて備えた、アジアでは前例のない大魚だということを認定し、そこにふさわしい待遇をしてくれるとのことです。

-今回の日本滞留期間の間に、主に何をしましたか?
*まず、ビクター側とレコード吹き込みをし、あちらの取り持ちで日本の音楽評論家たちとも会いました。また、日本側の歌謡関係者たちとも会い、情報を交換しもしました。

-キム・ワンソンさんは、日本に初めて行ったわけですが、あちらで特に見物をしたり、印象に残ったものは、ありませんか?
*特別なことはなく、私は音楽をする立場で、公演に関心があったのですが、ちょうど、東京でマイケル・ジャクソンの公演が後楽園野球場でありました。なので、その公演をしつこく催促して、見に行きました。本当にすばらしい公演でした。

-では、今後の計画は?もちろん、あるでしょうが、この場で公開できますか?
*現在は、具体的な事項をすべてお話しすることはできませんが、今まで見せてくださったファンのみなさまの反応と関心に、積極的にお答えすべく、引き続き努力をかたむけます。これからも見守ってくださり、関心を持ってくだされば、さらに良い歌でお答えするつもりです。
[PR]
by tmasada2 | 2006-10-23 00:48 | 韓国いろいろ消息
キム・ワンソンさん表紙モデルの雑誌・・・神保町の三中堂で発見!
b0037434_23594245.jpg神保町に、「三中堂」という韓国・朝鮮書籍専門の古本屋さんがあります。韓流ファンで三中堂を知らないのは、モグリだと言っていいぐらい(?)の古本屋だと思います。とりあえず、「JUNIOR」のバックナンバーを探したい人は、一度行ってみましょう。
http://jimbou.info/town/ab/ab0077.html

で、この古本屋、わりと歴史が長いようで、だから、古い雑誌なんかも少し置いてあります。その中をよく探してみると・・・ありましたねぇ~キム・ワンソンさんが表紙モデルになってる雑誌。1987年ですよ。ソウル・オリンピックの一年前。お宝発見でございます。なお、同時に、キム・ワンソンさんの「気分のいい日(기분 좋은 날)」の楽譜が載っている、昔の歌本も見つけました。

さあ、皆さんも韓国語を勉強して(というか、ハングルが読めるようになるだけで十分。)お宝本をさがしに三中堂へ行きましょう。私が探した雑誌の中には、イ・ヒョヌさん(『屋根部屋のネコ』でおなじみ)のとても若いときのインタビューが載っている雑誌、イ・サンウンさんの若いときの写真が載っている雑誌などがありました。
[PR]
by tmasada2 | 2006-10-22 00:06 | 韓国いろいろ消息
韓国でもレギンスが流行っているとか・・・。
天上智喜のメーリングリストに登録していますが、最新のVol.4で、いま韓国でレコーディング作業中のSundayから、「実は韓国でもレギンスが流行っているんですよ!」というメッセージが。このメーリングリストに登録している人数の中での男女比って、どのくらいなのか知りませんが、おそらく、女性が多いと想像されます。野郎なファンの中には、「レギンスって何?」って思って読んでるひともいるかもしれません。まあ、検索すればすぐ出てきます。

韓国語で検索するときは、"레깅스"です。こちらは、韓国大手ポータルのひとつであるDaumによる、各種ネットモールの比較サービスで、「レギンス」を検索した結果です。これは人気順でのランキングです。黒よりも、白など明るい目の色に人気があるということでしょうか。どんなふうにコーディネイトするのがいいか、を調べたいときは、たとえば"레깅스코디"(リンク先は、Daumのイメージ検索です。)と検索しましょう。日本語に訳すと、「レギンスコーディ」です、韓国では、コーディネイトのことを、コーディ코디と略します。
[PR]
by tmasada2 | 2006-10-21 14:50 | 天上智喜
1988年にキム・ワンソンさんは来日していたらしい
http://kr.n2o.yahoo.com/NBBS/nbbs_view.html?nc=1417&mid=185214

記事を訳してみましょうか・・・

----
キム・ワンソンが、去る[1988年]2月1日から29日まで、日本の吉本興業劇場で、公演を開いた。この公演は、日本の伝統深いプロダクション、吉本興業の自社劇場を開館したことを記念して、実施されたもの。

11月に会館して以後、1月までは、アメリカのショー(アメリカン・バング出演)、2月には韓国ショー(キム・ワンソン)、そして、3月には、中共[訳注:この当時、韓国では中国をこのように呼んでいた?]ショーをお披露目しており、キム・ワンソンは、その一環として、招請されていたのである。

キム・ワンソンは、スパーク・ダンシング・チーム4名、キム・ジュンジャ古典舞踊団5名、四人組バックバンド「空と大地」を同伴して出かけ、ポップス、民謡、古典舞踊まで、幅広く才能を見せてくれた。

キム・ワンソンの公演を見て、日本の各マスコミでは、「美貌のアイドル・スター」と、大書特筆した。MBC TV[訳注:韓国にMBCというテレビ局があるため、おそらくMBSを間違えてこう書いたと思われる。TBS系列の毎日放送であろう。]では、彼女を公開放送のゲストとして招請しもした。

この公演を契機として、キム・ワンソンはビクター・レコード社にピックアップされ、「Tonight」をはじめとする代表曲を収めたレコードを、来る3月に発売することになった。
[PR]
by tmasada2 | 2006-10-14 18:26 | 韓国いろいろ消息
韓国で出たらしい日韓の歴史についての新刊書
http://kr.blog.yahoo.com/sakyejul7
上記ブログをご覧ください."마주 보는 한일사(まっすぐに見る,あるいは,向き合って見る,韓日史)"という本が出たようです.どのような本か,内容は分かりませんが,興味深そうな本です.
[PR]
by tmasada2 | 2006-10-13 17:30 | 韓国いろいろ消息
天上智喜のStephanieの誕生日がもうすぐ
天上智喜は、いま、韓国でレコーディング中のようです。日本の公式サイトに、そういうメッセージが出ていました。また、Danaのごく最近の写真も「Diary」のところにアップされてましたね。

ところで、天上智喜のマンネ(=韓国語で「末っ子」の意味。)ちゃんであるところの、Stephanieが、10月16日に誕生日を迎えるそうです。おめでとうございます。87年生まれです。若いです。ㅜoㅜ
[PR]
by tmasada2 | 2006-10-11 16:15 | 天上智喜